バックナンバー

『mn☆別冊モーターサイクリスト』
今月は、「U-125cc大きな魅力」と題して、いじっても走らせても楽しい小排気量車の世界を特集します。おなじみ「耐久1000km試乗」はカワサキZ1000、スズキバンディット1250、ホンダCB1300スーパーフォアが登場。また、最後に魅力いっぱいの新刊ムックの紹介もあります、お楽しみに!


かつては入門マシンとして人気を誇った原付&原付二種マシン。最近はちょっとさびしい存在になってしまっているけれど、このクラスで走りや整備修理を習得したライダーは多いはず。そこで、今一度その手軽さを再認識しようというのが特集「白、黄、桃ナンバー大集合 U-125ccの大きな魅力」。小排気量車コレクター&レストアマニア訪問、こだわりの専門店紹介、さらに人気車外しの原付、原付二種アルバムなど、“別冊MC流”全開で楽しい誌面を展開します。
夏のツーリングシーズンを前に、ぜひおすすめの企画が「県別オススメルート紹介・この道がすごい!」。旅ライダー必須アイテムともいうべき「ツーリングマップル」の各地担当ライターの皆さんが、県別にお気に入りのナンバー1スポットを紹介します。
【新刊ムックのお知らせ・1】ツーリングの参考といえば絶対にイチオシなのが7月13日発売になった「遊々バイク紀行・日本絶景の旅」(定価1575円)。これは姉妹紙「モーターサイクリスト」に好評連載中の「遊々バイク紀行」の記事を再編集したムックです。このなかで紹介するのは特に好評だった北海道・道東、青森・奥入瀬、千葉・南房総、長野・八ヶ岳山麓、熊本・阿蘇山ほか厳選20ルート。目の覚めるような美しい日本の旅の風景をお楽しみください。もちろん気に入った風景に会いに行くためのルートマップや見所データも紹介。ツーリングライダー必携の旅MOOKです。
【新刊ムックのお知らせ・2】6月30日発売になった「日本モーターサイクル史」(定価6,300円)がおかげさまで大変好評です。戦後の1945年から現在に至るまでの国産バイクがたどった道を、1200ページ超という大ボリュームで紹介。7,000台にのぼる歴代国産バイクカタログ、黎明期に200社以上を数えた国産バイクメーカーの盛衰など国産バイクのすべてが詰まっています。お近くの書店で売り切れの場合は弊社販売部(電話03-3552-8431・営業時間は平日9:30〜17:30)にお問い合わせください。


戻る

TOP